ラベル

エアプランツを衝動買いしたので、どう扱うか調べてみましたw


  エアプランツとは、熱帯アメリカに広く分布する、パイナップル科の植物の一属です。特徴は土を必要としない事で、乾燥に強く、空気中の水分を吸収して育つ事から、エアプランツと呼ばれるようになりました。土に縛られないので、様々なアレンジを楽しめるのが魅力の一つです。



  エアプランツはちゃんと花を咲かせます、花の後に種ができ、子株もできます。品種によっては花が咲かなくても子株を良く付けるものもあります。ただ、成長はゆっくりと時間を掛け、親株になるまで数年かかるらしいです。

  親株となって、複数の子株が沢山群生する状態をクランプと言います。ついでに覚えて置きたいですね。





  日射について調べて見ました。春と秋は日当たりの良いところ、夏は日陰で管理します。強い直射日光と、水滴によるレンズ効果で葉焼けを起こし、葉の組織が破壊され変色し、復活不能となってしまいます。一般的な観葉植物も室内から室外に出すと同じように葉焼けの恐れがあり、10日ずつ徐々に日当たりの変化に慣らす必要があるようです。

  冬は屋内で5℃以下にならないように気を付けましょう。本来の生育環境は10℃~30℃です。

  出来た種はへご板に置いて水に浸ければ、1週間ほどで発芽します。種を付けた親株は1~2年ほどで枯れてしまうそうです。


  次は水遣りの仕方です。空気中の水分を吸収すると言われるエアプランツですが、誤解してほったらかしにするとミイラ化するそうです。植物であるからして水遣りは必要不可欠です。日本の気候において、週に1回霧吹きで水を遣り、梅雨時期と冬期を除き、月に1回ソーキングをすると良いでしょう。

  水遣りの重要なポイント:夜に気孔を開くので、水遣りは昼ではなく、夜にね^^

   ソーキングとは、貯めた水にエアプランツを浸ける事です。そもそもソーキングが必要な環境はエアプランツにとって生育に適さない環境ですが、本来霧がたち込めるほどの湿度環境で自生するエアプランツを日本で育てるには、仕方がありません。ソーキングの時間は20~30分が目安です。長時間浸けるとエアプランツは窒息して腐り枯れてしまいます。


  日常の保管場所についての注意点があります。冷暖房機器の付近や風の強い場所は避けて下さい、乾燥でいつの間にかミイラ化してしまいます。

  根っこが無くて軽いので、落下には気を付けて下さい、茎が外れやすいし、踏んでしまったりペットに蹂躙されたりで復活できない可能性が大きいのです。


   肥料について、花がついてから子株が2/3くらいまでに育つまで、市販の液肥で1000~2000倍に薄めて、月に1度霧吹きして置きましょう。

   子株は小さい時に親株から栄養を回して貰っているので、早くから子株を取ってしまうと、その子株は栄養吸収できずに枯れてしまいます。子株は親株の2/3位になるまで育てましょう。


   一時、エアプラインツが大流行していた頃、インテリアとして色々なアレンジの仕方がありましたね~そんなブームのおかげでネットにアップされた数々のアイディアから、個人的に気に入ったものをを集めて見ました。全て日常身の周りにあるもので、素敵にアレンジしています。

   エアプランツの表面白く見える部分は表面に白い毛で覆われているからです。この白い毛をトリコームと言います。

   余談ですが、エアプランツを中国語では「空气凤梨」と呼んでいます。直訳するとエアパイナップルですね~パイナップル科でしたね、はい。これで、エアプランツの知識をある程度ゲットしました。衝動買いした小さな株をしっかり育てていきたいと思います。